カテゴリー別アーカイブ: 式の計算

同類項とは

同じ文字の項を同類項といいます。

例えば、$2x+3y-x+4y$という式では、

$2xと-x,3yと4y$がそれぞれ同類項です。

同類項どうしは、その前についている数字をたして、一つの項にまとめることができます。

ですから、

$2x+3y-x+4y$

$=2x-x+3y+4y$

$=x+7y$になります。

 

次数とは

文字がかけられている個数を次数といいます。

「式の次数を答えなさい」という問題の場合、単項式と多項式ではちょっと考えが違います。

$例えば、単項式3x^2の次数は、xが2回かけられていますから、次数は2です。$

数字は次数に数えませんから、2がかけられていますが、3ではありません。

また、多項式の次数は一番多くかけられている文字の個数が次数になります

例えば、5x^3+3x^2の次数は3です。

この違いをしっかり覚えましょう。

多項式と項

多項式は、単項式が足し算や引き算でつながった式です。

例えば、$5x+10とか4a^2+5ab-6$とかといった式のことです。

そして、式の中の一つ一つの単項式を、多項式のといいます。

$例えば、4a^2+5ab-6の項は、4a^2,+5ab,-6の三つです。$