2014-2nd-pre1-3.2

2001年、時の大統領、アメリカ合衆国の、は、提案した、法律を、それは割り当てた、公立学校に、より過大な責任を、学生の学業成績に対して。

その法律は施行された2002年に、そしてそれ以来、学校は求められてきた、使うことを、標準的なテスト結果を、証明する目的で、学生たちが学術目標に適っていることを。

出遅れている学区では、改善をみせろとの圧力が、彼らに教科過程を作らせることになった、狭量に焦点を合わせる、テスト教科に。

テストの点を上げる努力をしながら、多くの学校が学校でのより多くの時間を数学やリーディングセッションに充てている。

その過程において、彼らはしばし、切り詰める、体育や指導者不在の休み時間を。

この法律の一つの効果は、それゆえ、子供たちが学校ののほとんどの時間を教室で費している、そして校庭ではより少なくなったということだ。

この間、子供たちは使っている、より少ない時間を、監督者不在の身体活動に。(=大人がいないところで体を動かしている時間が少なくなった。)

2008年の調査でわかった、参加、野外活動、6歳から17歳の子供による、減少している、11パーセント、前年から。

親は増々依存している、テレビ、コンピュータ、ビデオゲームに、維持する、子供を家にとどめておくために。

確かに戸外で過ごすこともあるのだが、子供たちはたいてい参加する、型にはまった、大人が監視している活動、サッカーの練習や音楽のレッスンとかいった。

精神療法士ボブ・リビングストーンによれば、組み合わせること、テストに的を絞った教育課程と過度に枠がはまった放課後生活により、子供たちは大切な生き残りスキルを発達させることができない、自立思考とか不慮の事態に対応できるとかいったような。

作家、リチャード・ルーフは見ている、この問題を、として、大きなトレンドの一部と、その中では、子供は成長する、自然から断ち切られて。ルーフは使う、用語を、「自然赤字障害」、描写する、一連の症候群、例えば鬱、注意欠陥、肥満、不安といった、それはおそらく結果である、自然から隔てられている。特に子供たち、多感で傷つきやすい成長期にある。
彼は一人である、グループの、環境主義者や啓蒙者の、改革したい2002年の教育改革を、以下の目的で、学校が学生に可能にする、送る、もっとしがらみのない時間を、繰り広げるつながりを、自然環境と。

ルーフによれば、自然と触れ合うことは、改善する、学生の能力を、論理的に考える複雑な因果関係を、そして、それは関連付けられる、より高い学業成績と、数学や読解テストにおいて。

この運動は勝利をおさめた、とき、オバマ大統領の2010年の教育予算の中に計画に対する予算があった、増やす学生と自然とのかかわりを、見做すそれを均整の取れた教育の重要な一部と。

Qestion

1.2002年に通過した教育に関する法律の一つの結果はなんであったか。

①教師は簡単にテストできる教科にあまり時間を割かなくなったので、体育に振り分けられる時間が増えた。
②より厳しい学業要件を満たすため、学生はもっといろいろな授業を受けるようになった。
③公立学校が一緒に管理されている地区では、学生が私的な必要性と興味に基づいてクラス替えができるようになった。
④標準テストと直接の関係を持たない学習機会が制限されている。

2.ボブ・リビングストーンは提案する、子供たちは、
①組織だてられたスポーツプログラムに参加して、アスリートとしての能力を磨くことを奨励されるべきだ。
②テストでよい成績を収めた見返りにコンピュータゲームのような電動の娯楽を楽しめるべきだ。
③課外活動で成果を収めることに必要な自信をつけるには、教師のヘルプが必要だ。
④不測の事態に対処するすべを知るために、そのような状況に遭遇する機会を与えられるべきだ。