カテゴリー別アーカイブ: ブログ

2019年10月英検

塾 満流儀の生徒は2019年10月英検に、

5級2名、4級3名、3級2名、準2級3名、準1級1名の合計11名がエントリーしました。

うち、今日現在1次合格をお知らせいただいたのは、4級1名、3級2名、準2級2名の5名です。

発表からまだ間がないので、今回初めて英検を受けた5級の2名はウエブでの確認の仕方がわからないのでお知らせいただけてないのでしょうが、私が採点したところ、マークシートに記入間違いがなければ2人とも合格していると思いますので、お知らせいただいた範囲での合格者は7人になると思います。

3級以上の合格者で今回特に印象に残ったのは、みなさん特に作文が優秀だったことです。

3級の2名(どちらも中2)は作文が15/16で94%でした。

準2には基準点にリーディング、リスニング双方で基準点に1割程度満たなくても、作文9割の離れ業で合格した生徒(高1)もいました。

2008年以来、英検に合格するための技(笑)を教えてきましたが、英検の勉強は学校の授業と切り離して考えてしまうと思ったような結果は出ないようです。

何が言いたいかというと、テスト勉強があるからといって、その期間英検の勉強に目隠ししていると、英検の勉強に注ぎ込んだそれまでの努力の多くが水の泡になってしまいがちです。

また、それとは反対に、2級や準1など難易度が上がった場合、英検前の「数週間漬け」で攻略できるほど英検は甘いものでもないようです。

1日10分でも20分でもいいんです、英語に仲良くしてもらってください。

 

 

 

今日から新年号、そして新学期も始まりました。

今日から入学する中学1年生は3名。

新2年生5人、新3年生4人、小学生1人、高校生16人、大学生1名。

それぞれのゴールに向かって新しい一歩を踏み出しましょう。

新中1生と面接

今度中学生になるお子さんと面接をしました。

英検は既に5級を持っているそうで、すごいなと思いました。

数学が苦手なので教えてくださいとのことでした。

早い時期から始めるのは後々いい結果になると思います。

楽しい1年になりそうです。

3月10日卒業式挙行

3月10日は卒業式でした。

卒業する高三生8名中6名の出席がありました。

今年の卒業生で第一志望校に合格できたのは3人。

狭き門を潜り抜けようとした勇者のほとんどは、捲土重来を期して浪人するようです。

まあ、火付け役責任の一端は私にもありますが…..

あの時ああしてればよかったのになあ。。。

あの時ああしててよかったなあ。。。。

浪人は長い人生の八十分の一、後悔の念は一生もの。

何か事あるごとにねちっこく脳裏をよぎります。

東京落ちて早43年、

浪人してりゃよかったのに!

この時期になると、なりをひそめていた心の声が駄々っ子のようにグダグダまとわりつきます(笑)

 

塾からお知らせ

塾生のみなさん

みなさんが疑問点をいくらかでも少なくして、自信をもって試験本番に臨むこと…それが私の願いです。

大学センター試験が1月19日・20日、英検が1月25日~27日、高校入試は3月5日に迫りました。

センター受験生は1月19日まで、英検受験生は1月24日まで、中3生は3月4日まで今日から原則休みなしの臨戦態勢で臨みます。

私の都合で休むときもあるでしょうが、そのときは前日までに対象のみなさんに連絡します。

また、みなさんも休みがないからといって、休まずに塾に来る必要はもちろんありません。

私が一方的に望んですることですから、みなさんは都合に合わせていらしてください。

なお、続けている過程で不都合が生じた場合は、予定を変更することもありますから含んでおいてください。

いつも同じことばかり申し上げて恐縮ですが、

思いを叶えたいのなら、無明を質し、理を知り、数を掛け、一人で再現できる自分になることです。

私にできることはそのためのお手伝いにすぎません。

「名のある大学に合格した先輩がたくさんいるから、あそこに行けばなんとかなるだろう」…もちろん、そんな心の持ちようではなんともなりません。

あなた以外の人や物が、あなたを成功させたり、幸せにできるはずはないのです。

あなたの寄る辺はあなただけです。

がんばりましょう。

具体的には下記のとおりです。

✅中3生

来週15日(火)から入試日前日3月4日(月)まで火曜日・木曜日も休まず、17:30から19:00まで勉強を見ます。

✅1月19・20日センター試験受験の高3生

英語
センター本番で英語の正答率を上げるためには、手間をかけずに、長文を読み解く回数を増やすことです。わからない単語・文脈はその場で瞬時に教えてあげますから、とにかく読む訓練をして自信をつけなさい。今日からセンター前日まで、火曜日・木曜日は17:30から19:00まで、そのほかの曜日は17:30から22:00まで勉強見ます。ただし、火曜日・木曜日以外の17:30から20:30までは、本来中学生の時間ですから、参加を許可するのは中学生の質疑が最優先されることを弁えている人だけとします。

数学
問題を読み込むまでと、説明に時間がかかりますから、英語のように瞬殺というわけにはいきません。ですから、ラインなどのSNSで個別に対応します。

✅英検受験生

1月25日~27日の英検を受験する塾生は、申告があれば各自の時間に過去問を渡して問題を解かせ、個別に解説してあげます。違う勉強をする人もいるので、その時間にリスニングはできませんが、家で下記の通り練習することはできます。

http://www.hypertension783.net/kenkou/
(私が運営するサイトですから心配ありません)にアクセスします。
IDとパスワードを要求されますから、IDにhirakeパスワードにgomaと入力します。
1級のページが出ますが、スマホは右肩のリンク、パソコンは上に並んでいるリンクをクリックすると各級のページにジャンプしますから、自分の級をクリックしてください。
問題冊子を開きながら、音声ページを開いて練習してください。
スクリプトには音声を英文化したものが書かれています。

さらに今回英検を受験する生徒で、いつも一生懸命な生徒には1月15日(火)、17日(木)、22日(火)24日(木)19時から20時半までプリントを渡して万全を期します。あなたが一生懸命な生徒かどうかは先生が判断して参加許可の許可を与えますから、一生懸命やってる!自信がある人は申請してください笑

中2 連立方程式

連立方程式は、

二つの文字($x$と$y$)

の中に入る数が何か?

を調べるナゾナゾだ。

式は二つ与えられるが、

まず、知っておかなければならないのは、

二つの式の$x$と$y$に、何か数が入るのだけど、

一つ目の式の$x$にも、二つ目の式の$x$にも同じ数が入るし、

一つ目の式の$y$にも、二つ目の式の$y$にも同じ数が入る、

ということ。

同じ数が入るのだから、

文字の前についている符号いかんで、

引いたり足したりすると、

その文字が消えてしまうので、もう一方の文字だけの等式になるから、

その文字に隠された数がなんだかわかる、

そんな仕組み。

まあ、こんな風に文章でごぎゃごちゃ書いても、

わかりにくいだろうから具体的な例を示すと、

例えば、次のような連立方程式を解くときは、

$$x+y=2-①$$

$$x-y=-8-②$$

①の$x$も②の$x$も同じ数が入るから、

①から②を引くと、どちらの$x$も消えてしまうので、

わからない文字は$y$だけになってしまう。

イコールの左側どうしを引くと、

$$x+y-(x-y)=2y$$

イコールの右側どうしを引くと、

$$2-(-8)=2+8=10$$

左側どうしを引いた数と右側どうしを引いた数は同じ。

(だって、$x+y=2-①$ $x-y=-8-②$ なのだから、①は2=2、②は-8=-8と言ってるのと同じことなので、左側どうしを引いた数と右側どうしを引いた数は、どっちも10で同じになるではないか!)

だから、$$2y=10$$

$つまりyは5だ。$

$y$が5とわかったから、①か②の式のどちらかの$y$に5を入れて今度は$x$を求める。

①に入れると、$x+5=2$

$だから、xは-3だ。$

②に入れても、$x-5=8$

$だから、xは-3だ。$

どっちかの文字を消して、もう一方の文字だけの式にして、その文字に隠された数を求め、それをどっちかの式に入れて(代入という)、残りの文字に隠された数を当てる!

それが連立方程式。

じぁ、これはどうする?

$$4x-7y-6=0-①$$

$$3x-8y+1=0-②$$

連立方程式にはいくつか解き方があるけれど、

昨日Y君に話したように、

問題解くときは、どんな場合でも、与えられた二つの式を、

$$〇x+△y=□$$

と、直してから考えるといいよ。

$$4x-7y=6-①$$

$$3x-8y=-1-②$$

ここで、作戦を考えよう。

①の式の$4x$に3をかけると$12x$になり、

②の式の$3x$に4をかけると$12x$になる。

引いたら$12x$なくらねえ?

そしたら、$y$だけの式になる…

やってみる。

①の両辺に3をかけると、

($4x$だけにかけたらダメ。式の項全部にかけること。)

$$12x-21y=18-③$$

②の両辺に4をかけると、

$$12x-32y=-4-④$$

③から④を引くと、

$11y=22だから、y=2。$

$①に代入して、4x-7×2=6$

$4x=20から、$

$x=5$

自信がないなら、②を使って検算するべし。

$$3×5-8×2=-1$$

$$15-16=-1$$

どうよ?

6月のおたより

生徒・保護者各位

初夏の候、みなさまにはお元気でお過ごしのことと拝察申し上げます。

以下の通りお知らせいたしますので、ご周知のほどよろしくお願いいたします。

1.来る7月1日は所用により、塾をお休みにさせていただきます。

2.ただいま、テスト対策に向けて、無休で17時から塾を開いていますが、中学校のテストがすべて終わる6月27日からは、以前の状態に戻し、火木を休み、塾のスタート時間を月水金は19:30、土日は16:30(ただし、7月1日を除く)としますので、お間違えのないようにお願いします。

その他

1.中学生には試験対策プリントを渡しています。

提出があれば、添削して返却した上で、次のプリントを渡します。

提出は任意ですが、提出がない限り次のプリントは配布しません。

2.帰ってきた定期テストや実力テストは必ず見せてください

そうしないと、どこを直してあげたらいいのか見当がつきませんから適切な指導はできません。

悪い点数のテストは見られたくない…気持ちはわかります。

が、

そんなことでは、いつまでたっても成績はよくなりません。

2.高3生の希望者には、来週月曜日から

毎週月水金9時から、月・水に数学、金に英語のセンター対策始めますので、赤本持ってきてください。

なお、ほかの勉強をしたい方は、この輪の中に入らなくてもかまいません。

3.過日実施された英検で、準1級、2級、準2級、3級に計6名の合格者がでました。

準1級は、学校の先生ですらそんなに持っていない級ですから、そこまでとはいいませんが、生徒の皆さんには高校卒業するまでにせめて2級はとってほしいと思っています。

英語は、大枚を叩いても買えない生涯の財産になります。

がんばってください。

以上

しらゆきしずとちほすぬーぴーに餃子

寒い中来てくれて、いろいろ話聞かせてもらいました。

ちほちゃんの大学は7千人規模だそうで、試験がとっても難しんだそうです。

2月に学費でカルホルニアに教育実習に行くそうで、英語で講義を聞かなくてはならないそうです。

さぞやビビっているかと思いきや、英語話せなくてもなんとでもなると…さすがです♪

また、ソフィアのしずちゃんも、2月にオーストラリアに1か月ホームステイするそうですから、得意の英語にさらに拍車がかかることでしょう。

話が弾み、気がついたら餃子二皿が空になっていました!!!!